ひきだし。

昨日、女子大生が春休みで帰省したのですが
乗った便が到着する頃、新千歳空港はちょうど吹雪と
他機のエンジントラブルの事故処理が重なり、着陸できず引き返し(;´д`)
一旦戻って1時間半後に再就航となり、夜遅く無事に旭川に来れました。
冬の北海道の飛行機やJRの欠航や運休は常にリスクが高いのですが
私はこれだけ乗ってても一度も欠航便に当たったことはなく
去年は成人式で帰省した帰りの便で4日も空港に足止めをくらって
うちのコどんだけ(笑)
まぁその経験があったおかげで今回はまったく慌てず騒がず
というわけで、「서랍(ひきだし)」を。
やっぱり場数というか経験値というか、
引き出しはたくさんあった方がいいですなあ。←



【서랍(そらぷ) ②】

作詞 김이나 作曲 David Mercy, Palle Hammerlund, Amir Badr


な さしるんかっくむん ぬんむりなど
나 사실은 가끔은 눈물이 나도
俺 実は 時々は 涙が出ても

ねぬんむる がっち あなっそ
내 눈물 같지 않았어
自分の涙じゃないような気がしてた

うぇ するっぷんじ もるんてん
왜 슬픈지 모를 땐
なぜ 悲しいのかわからない時は

するっぷんのれる ぴんげさまそ うるごねっそ
슬픈 노래를 핑계 삼아서 울곤 했어
悲しい歌を言い訳にして 泣いたりした

ねいるむる ぺん なぬん ぬぐるか
내 이름을 뺀 나는 누굴까
俺の名前を抜いた俺は 誰だろうか

せんがっかみょん ぬる ごむなっそっそ
생각하면 늘 겁났었어
考えると いつも怖かった

めろでぃるぺん えぎるはぎ どぅりょうぉ
멜로디를 뺀 얘길 하기 두려워
メロディー抜きで 話をするのは怖い

と いじょじるぽねっとん おりんない
더 잊혀질 뻔했던 어린 나이
もっと忘れられかけた幼い頃

すちょじながるぽねっとんなる
스쳐 지나갈 뻔했던 날
すれ違いかけた日

するぽぼよ お お
슬퍼 보여 어 어
悲しく見える oh oh

いぇじょぬろ お お
예전으로 오 오
以前に oh oh

いまなみょんで いまむあね たそ
이만하면 돼 이 맘 안에 타 서
このくらいでいい この心の中に乗って

ちゃがうんまむる ねりょば
차가운 맘을 내려봐
冷たい心を おろしてみる

もれどの お おる
뭐래도 너 어 얼
どうしても おまえを

いっちもって な あ あ
잊지 못해 나 아 아
忘れられない 俺は

たーこじんまりるかば
다 거짓말일까 봐
全部ウソなんだろうか

おんじぇねがへっとんねまるる
어제 내가 했던 내 말을
昨日 俺が言った俺の言葉を

はんさん ごねぼんだ
항상 꺼내본다
いつも取り出してみる

くろるどぅたんまる なるうぃはんまる
그럴듯한 말 나를 위한 말
もっともらしい言葉 俺のための言葉

のる うぃはんまる はなはな
너를 위한 말 하나하나
おまえのための言葉 ひとつひとつ

あるむだぷけ なるそぎぬんげ しろそ
아름답게 날 속이는 게 싫어서
美化して自分を偽るのがいやで

といじょじるぽねっとん おりんない
더 잊혀질 뻔했던 어린 나이
もっと忘れられかけてた幼い頃

すちょじながるぽねっとん なる
스쳐 지나갈 뻔했던 날
すれ違いそうだった日

するっぽぼよ お お
슬퍼 보여 어 어
かなしく見える

いぇじょぬろ お お
예전으로 오 오
以前へ

いまなみょんで いままね たそ
이만하면 돼 이 맘 안에 타 서
このくらいでいい この心の中に 乗って

ちゃがうんまむる ねりょば
차가운 맘을 내려봐
冷たい心をおろしてみる

もれどの お おる
뭐래도 너 어 얼
どうしても おまえを

いっちもって な あ あ
잊지 못해 나 아 아
忘れられない俺

たななえ へっさるろ まぬんなるどぅるる
단 하나의 햇살로 많은 날들을
たったひとつの日差しで たくさんの日々を

たるげぴちゅん へっちょろむ
다르게 비춘 해처럼
違うように 照らす太陽のように

たん はなぷにん なるちゃじゃ
단 하나뿐인 나를 찾아
たった一人だけの俺を 探して

のる うっけはごしっぷんなる
널 웃게 하고 싶은 날
君を 笑わせたがる僕を

きだりるすいったみょん
기다릴 수 있다면
待つことができるなら

のるきだりるけ
널 기다릴게
おまえを待つよ

くろるすまんいったみょん
그럴 수만 있다면
そうすることさえできるなら

くろるすまん いったみょん
그럴 수만 있다면
そうすることさえ できるなら

ぶらなんぱるむ ぶぬんばめ
불안한 바람 부는 밤에
不安な風が吹く夜に

ふんどぅるりぬん そらぷ とぅむそげ
흔들리는 서랍 틈 속엔
揺れる引き出しの すき間の中には

のるちゃんぬん な な な
너를 찾는 나 나 나
おまえを探す 俺 俺 俺

なる ちゃんぬんの の の
나를 찾는 너 너 너
俺を探す おまえ おまえ おまえ

はなぷにん うり ちゃっきうぃへ
하나뿐인 우리 찾기 위해
ひとつだけの 俺たちを探すために

Cb7lpMmUsAEjdFs.jpg

一緒に飲みたい( o´艸`)

IMG_3089.jpg

リクエスト晩ごはんはカルビクッパ。
再就航の際、天候によっては帯広空港に着陸することもあるとの
条件付きだったそうですが、どうせなら旭川空港に降りれよと思い
北海道ならどこでもいいわけないだろだったらいっそ欠航にすれよと
悪態をつきたくもなったのですが
夫は帯広まで迎えに行く勢いで晩酌もせず待機しており
(旭川から3時間以上かかる上に今朝は札幌出張)
無事に新千歳到着で事なきを得たわけですが
この父の愛をわかれよ、娘。



3 Comments

naoco  

おはおう~
あらー大変だったね!
親の心、子知らずだよね
でも自分もそうだったよね。w

2016/02/25 (Thu) 08:47 | EDIT | REPLY |   

yuna  

大変でしたね。
今頃になって雪が降る毎日....
おかしいですよね。
旦那様優しいのね~^^
うちの子はバスが便利なんで使うけど
あのバス事故からやっぱ心配になります。

2016/02/25 (Thu) 12:57 | EDIT | REPLY |   

もちこ★  

コメントありがとうございます。

★ naocoさま
ちわっす~
毎度のことながらドッと疲れたわ..
ですですw歴史は繰り返しますね(´・ω・`)

★ yunaさま
気を揉んだけど次の便は欠航になったのでまだよかった?ですw
積雪やはりここにきて帳尻合わしてきましたね(´・ω・`)
娘にだけ甘いのです(笑)
バス心配になりますよね。特に冬道はね。

2016/02/26 (Fri) 13:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment